音楽に合っている感覚がわからなくなったら上達のサイン?

レクチャーを受けたダンサーは私がダンスの映像をかけながら演奏すると、

リズムがある選手とそうでない選手がはっきりとわかります

毎回こちらから指摘する前に

「おーーっ」となるくらいシンプルです

 

音楽をわかっている選手は

「モノサシで測ったようにぴったり」です

しかし、ほとんどの方が思っているぴったりとは違います

 

「合っていない」のが「合っている」

 

ちょっとややこしいですね。。

要は、「どれが合っている状態なのか」から検討しなければ

いけないということです

 

レクチャーを受けたダンサーの代表的な感想として

 

「合っているという感覚がわからなくなった」

 

ということがよくあります

 

そういう選手はその後飛躍的にリズムがよくなり、大きな表現につなげています

動き出しからぜんぜん違うのです

実際に見ていて本当に心を打たれます

 

もし、音楽的なことで自信をなくしているようでしたら

そういうことがあることを知っているだけでも

かなり心強いと同時に、

実は「合っていない」のが「合っている」かもしれませんね

コメントを残す

コメントを投稿するには、以下のいずれかでログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中