ラテンの入り方はどうか?

今日もブログを見てくださりありがとうございます!

モダンとラテンをバランスよく解説していくつもりですので

ご期待ください

今回はワルツに続き、ラテンの場合を解説します

たとえば社交ダンスでは”サンバ”のカウントは

1   a 2    3   a 4   

と言われています

これも結果として正解のひとつですが

1 e & a 2 e & a 3 e & a 4 e & a

を知っていることが大前提です

※ 初めての方はこのように読んでください

one イ エンダ two イ エンダ three イ エンダ four イ エンダ

そしてスタートはここです

1 e & a 2 e & a 3 e & a 4 e & a

こんなイメージになります

one    a twoooooo     three   a fooouuurr

さらに 「one」と 「three」を

自分にしか聞こえないくらい小さく、しかしハッキリ発音する

      a twoooooo          a fooouuurr

このカウントでぜひ試してみてください

ご質問、感想、リクエスト、書き込み、いいね等大歓迎です

コメントを残す

コメントを投稿するには、以下のいずれかでログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中